トップページ | 2009年10月 »

2009年9月30日 (水)

selle san marco最強説

昨日はバーテープのお話だったので、今日はサドルについてのお話です。
昨日の内容で書いていたように、サドルはバーテープと同様に重要な部分です。
最近では、カーボンレールやカーボンサドルなど、とにかく軽量を重視した商品が
多い中、私は時代に逆らったサドルを使用しています。
Rimg1625
そう!!画像でおわかりのようにセラサンマルコの名作!!リーガルです。
ちなみに、時代に逆らったといっても、チームレプリカなのでチタンレールなんですけどね(笑)

このサドルに出会うまで本当に時間がかかりました。
まず、完成車用のふかふかサドルから、セライタのSLRに変更しました。
このサドルは、軽量です!!実測160gくらいだったかな?(メーカー公表145g)
ただ、このサドルは薄のでクッション性はほとんどない上に割とフラット形状で挫折orz
次に、つけてる人が多いfizikのアリオネを1000円で譲ってもらったものの、
フラットな形状が尿道を圧迫し、10分で断念・・・
その次に、クッション性に優れた同社のアリアンテをヤフオクで5000円にて落札し
使用するも、なんだかしっくりこない・・・

そんな時に、私の神様「ロビー・マキュアン」がサンマルコのリーガルを使用している画像を
キャッチ!!
「そういえば、自転車競技部(私が所属している自転車部)にリーガルが着いていたな」と思い
早速自分のサドルとチェンジ!!そうすると、大きい(母親譲り)お尻にピッタリフィットじゃありませんか!!
もう、それは必然の出会いのように、私のお尻に合いました!!
神様が私に与えたサドルです。(言い過ぎwww)
それから、リーガルチームレプリカ(限定モデル)を購入しました。
今販売されている物は、サドルに打ち込んでいる鋲がシルバーになり、ラインが白っぽくなり
かっこよくありません。(使ってる人すいません。)
ちなみに、私のレプリカは限定の頃の後期モデルになります。
前期モデルの方が私の所有しているものより若干派手になります。
前置きはここら辺にして、詳細を見ていきましょう。

まず前から
Rimg1627
サドル後方部分がアーチを描き、鋲の部分ががっしりとお尻をキャッチします。

では、後ろから
Rimg1626
ここがお尻をキャッチしてくれます。
やはり、リーガルは古いサドルだけに完璧な形をしていますね(かなり主観的www)
ちなみに重量は実測で270gくらいあったと思います。

そして、私の可愛い後輩が私のサドルにあこがれ、レーシングレプリカが欲しいという
ことなので、割と軽量なゾンコランをススメ、購入に至ったわけです。
画像です。
Rimg1634
重量は196gと割と軽いかな?上から見ると、しゃもじみたいな形ですね。

まず前から見ていきましょう。
Rimg1631
割とフラットに近いです。アーチは緩やか。

後ろです。
Rimg1635
アーチする気なしですね(笑)見るからに私のお尻には合いません(笑)

それでは、リーガルとの比較の写真をどうぞ!!
Rimg1630


Rimg1629


Rimg1632


Rimg1633
私のサドルが黄ばんでいることと、背景が汚いのは無視して下さい(笑)
昔ダイナソアの社員の人とお話をしたことがありますが、社員の方曰く、
「サンマルコは昔のリーガルやコンコールを元に新しいサドルを開発している」
だそうです。
まっ、だからゾンコランの形はなんとなく似ているわけですね。
さて、このサドルは日本で買うと2万ちょっと定価がします。
しかし、wiggleで購入したので13000円程度でしたwww(送料無料)

まぁ今日はサドルについて長々と書いてきましたが、結論として
最初に述べた通り、サドルは体に接するものなので、軽量やデザインで
選ばずにお尻に合うかどうかで選びましょう!!
軽量化が好きな人は、軽量な物を選べばいいと思いますが、
お尻にあってなければ、意味がないと私は思います。
デザインと座り心地はやっぱりselle san marcoが最高だと私は思います!!
お尻が大きくて、自分にあうサドルを探されているかたは、一度リーガルに座られて見られては?
wiggleで一万円程度ですよwww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月29日 (火)

バーテープについて

突然ですが、私はバーテープを巻くことに喜びを得る変態です(笑)
最初はバーテープを巻くことが難しく、失敗するともったいないので、
自転車屋に頼んでいました。
しかし、ある時バーテープを巻くことの楽しさに目覚め、
友達や自分のバーテープをひたすら巻くことで、
かなり上手くなりました!!(犠牲の上になりたつ技術ですwww)


さてさて、今日の話はバーテープについてです。
皆さんはどのようなバーテープをお使いですか?
一番人気はSILVAのバーテープかな??
バーテープは種類もメーカーも多いので、使っているものは千差万別だと思います。

私はというとfizikのバーテープを使用しています。
なぜ、fizikを使っているかというと、このバーテープはとにかく滑りにくい上に、
使い心地とコスパに優れています!!
ちなみに、私の使用しているFizik MicroTex Bar Tapeです。
Rimg1621


Rimg1623
感じとしては、知る人ぞ知るバイクリボンに近い感じですね!!
お値段は、定価1600円です。
ちなみに、Silvaのコルクバーテープのお値段は1575円です。
たった25円しか変わらないので、断然こっちが買いです。
Silvaのバーテープは滑りやすいって人がいたら、こっちを一度で良いので
使用してみて下さい!!感動します!!

そして、fizikの中でも一番オススメのバーテープがFizik MicroTex Dual Bar Tape です!!
これは、握り心地が最高です!!
Mains

ヌーボカステのブログを書いている、私の後輩のcolnagoに巻いてあげたところ
それまで、バーテープに興味がなかった彼が絶賛したほどです。
ただ、欠点として、このバーテープを普通に巻くとこんな感じになります。
27371269_2274470342
どうです?まるで「楳図かずお」ですwww

ここで私は、「握り心地は最高なのにどうしたものか・・・」
そして、思考の果てに思いついたことが、「そうだ!!バーテープを逆に巻けばいい!!」
でっ、やってみるとこれがオシャレ!!
白のバーテープに赤い刺繍糸がかっこいい!!ちらっと見える赤がかっこいい!!
ということで、見難いですが、こんな感じです。

Rimg1398

長くなりましたが、このバーテープは定価1900円でバイクリボンの定価2520円するものと
遜色ない使い心地です!!バーテープでお悩みの方は、是非fizikのバーテープをオススメします!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月28日 (月)

カンパ信者はもちろん工具もカンパでしょ!!

今日のブログは工具について書きます。
自転車を自分自身で整備する上で必要になるのが工具だと思いますが、
皆さんはどのような工具を使用していますか?
工具は安い物を買うより、実用性のあり、ちょっとばかし高い工具を
買うのが良いと私は思っています。
「安物買いの銭失い」という言葉があるように、安い工具は意外と簡単に壊れます。

さて、今日紹介するのはカンパニョーロのチェーンカッターとウルトラトルク用の工具になります。
Rimg1601

どうですか?写真を見てわかりにくいですが、シマノのチェーンカッターとは
比べものにならないくらいしっかりできています。

チェーンをピンでしっかりと固定をした上で切ることができ、しっかりとした作りで
手に馴染む、長いおつきあいをする上で非常に良いパートナーになってくれます!!

カンパニョーロはこういった工具一つにも抜かりがないところが好きな理由でもあります。
ちなみに、チェーンカッターはwiggleで12000円くらいでした。クランクは1400円?くらいです。
値段はシマノに比べれば高いし、使用頻度はそんなに高くない工具ですが。

工具としても良いうえに所有欲も満たしてくれる工具って、カンパニョーロ以外にあるんでしょうか?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月26日 (土)

SIGMA ROX9.0最強説

さて、今日はサイコンのお話をしたいと思います。
皆さんはどのようなサイコンを使用されていますか?
私は、つい最近までcateyeのV3を使用していました。
この、サイコンはデザインが非常に良く、混信もほとんどしません。
心拍計も非常にレスポンスが良いですが、自分の体重を入力する
項目がなく、カロリーをどのように計算しているのかわからないサイコンでした。

このサイコンは基本的には良いのですが、まずTIMEのステムには取り付け不可(TIME太すぎw)
ハンドルのところに何かをつけるのが好きではない私には向いていないかなと思いました。
後、気にならないレベルですが、ケイデンスの表示が非常に小さいです(笑)

そんなこんなで、色々考えて候補に挙げたのが、ガーミンEDGE705かSigma Rox9.0この
二つに考えを決めていました。
そういえば、ポラールは壊れやすいとか、とにかくネガティブなことしか聞かないので、
最初から候補にいれませんでした。
で、ガーミンを選んだ理由の一番はGPSです。GPSが見られるのは面白い!!って
思っていたのと何より高性能!!これに垂涎でした。

シグマを選んだ理由は、値段もお手頃で、何か格好いいと思ったからですw(もちろん機能は充実!!)

ってな感じで、パソコンで両方データー管理ができ非常に優秀ですが、データー管理をするなら
ガーミンの方に軍配があがります。
google mapと連携できるのはかなりメリットですが・・・道のわからないとこを走るわけでもないし
高いし、英語版ってのは気にしませんけど、とりあえず宝の持ち腐れかなって思ってやめました。

というわけで、おうちにsigma ROXがやってきましたwww
今回お買い物をしたのは、ここ
beyondbikesは対応が悪いのでオススメしません。
他にsigmaを扱っているところは、bike24(ここが最安)とbikeman(ここはオススメ!!対応◎)があります。
bike24は審査が厳しいみたいで、クレジットカードによっては買えないので諦めました。
ちなみに、bike24で買うのが基本みたいですが・・・

まっ、長い前置きは終わりにしてこれが届いた写真です。
色んなサイトで出てるので、載せなくて良いかなと思いながら載せます(笑)

Rimg1555b

Rimg1556
V3の箱と比べると激しくでかいです(笑)

開封します。
Rimg1562b
Rimg1564b
こんな感じで、色々入ってますwww

取り付けるとこんな感じです!!

Rimg1567b

Rimg1568b

Rimg1569b

まず、取り付けた感想です。「デケェェェー!!!!」です。
伝わるかわかりませんが、とにかくサイコンがでかいですwww
最初はださくなったと、ちょっと後悔しましたwww
何か、バグネット一つにしても大きいので、cateyeを流用しました。
取り付けも楽で説明書も全部英語ですが、普通に画像もあるし何の問題も
ありませんでした。

簡単に使った感じですが、cateyeよりセンサーの反応が若干早いと感じました。
まっ、無線なので限界がありますが・・・
後、心拍計の反応が悪いですね。V3の心拍計の反応は鬼のように良かったです!!
まっ、反応が悪いっていっても、ちゃんと水で濡らしてやれば反応します。

細かいインプレは他のページでも検索すると出てくるので、割愛しますが、
ドイツ人が作っただけあって、インターフェイスの見やすいことこのうえないです!!(サイコン自体が大きいので
当たり前?)まっ、デザインもドイツっぽいですが。(笑)
ボタンも押しやすい!!操作性抜群で最高ですね!!
正直、つけて見慣れるとかっこよく感じます(笑)

細かいこと書くとひたすら長くなりますが、とにかく良いです!!今まで使ったサイコンで
最高のできばえだと感じています。
日本語のインターフェースが良い人などもいると思いますが、サイコンなんて中学で習うような
英語しかでませんので、思い切って購入されるのも良いと思います!!

ちなみに、昨日の塗装が完了したので、ストラップもつけた写真を載せておきます。
Rimg1587b
色がかなり派手なんですが、ビアンキにつければきっとマッチするはずです!!
ってか、そうだと信じたいです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月25日 (金)

MKSトゥークリップ塗装!!

今日は、トゥークリップの塗装を行います。
なぜ、塗装を使用かと思ったかというと・・・
Rimg1557b
トゥークリップとストラップの色が何となく合わない気がしたので
塗装を決意しました!!

ちなみに、彼女はビアンキのミニベロ9を購入します。
まだ、届いてませんが・・・(汗
まっ、備えあれば憂いなしってことで先に準備します。
ビアンキと言えば、チェレステ!!
ということで、チェレステに近い色のスプレーを探してみました!!
Rimg1558b
どうです?割と近い感じの色がありました。
他には、シンナーと耐水ペーパーの800番を購入しました。

まずは、耐水ペーパーでかいで行きます。
この作業をすることによって、だいぶ塗装の乗りがよくなります。
Rimg1559b

そして、かいた後です。

Rimg1560b

そして、油がついていると塗装をはじくので、脱脂します。
Rimg1561b
背景が汚いのは許してくださいwww

本当はこの後サーフェーサーをふくと、塗装の乗りがさらに良くなりますが、
お金がないので、今回は直に塗ります!!(笑)

そして1回塗った感じです。
Rimg1565b

どうです?チェレステっぽくないですか??
後は、1日天日干しして完成です!!
それでは、そのうち完成した写真を載せます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月24日 (木)

ヒラメプレッシャープラグ最強説

さて、今日のお話は、知る人ぞ知るHIRAME(ヒラメ)のプレッシャープラグのことについてです。
このヒラメのプラグは、よく良いってことを耳にしますが実際は何が良いのでしょうか?
私も、最初は高いだけであまり良くないと思っていました。

そもそも、プレッシャープラグとは、カーボンコラムにスターファングルが打ち込めないことから
ヘッド固定の為につける物です。
なぜ、ステーファングルが打ち込めないか?答えは簡単です。カーボンに圧入すると強度を
落としてしまうからです。今そうしている人は気をつけて下さい。
ヘッド周りは力がかかる場所ですから!!

それでは、スターファングルの良いことをあげていきましょう!
1.非常に軽量である!!(計ったことはありませんが、かなり軽いです!!)
2.固定力ばっちり!!
くらいしか、私には思いつきません。完全な知識不足ですorz
次に、悪いところですが、
1.使い捨て。(使用できなくなると、コラムの奥に打ち込むらしいです。もしかしたら取れるかな?)
2.圧入するときに平行をちゃんと出して圧入する必要がある。
3.カーボンコラムには使用できない(使用できないことはない?)。
4.コラムを切るたびに、圧入する。
こんなものでしょうか?

プレッシャープラグについてです。
良いところは、
1.脱着が非常に楽である(アーレンキー一本で可能です。)。
2.コラムを切っても(切るときでも)付け替えが簡単。
3.カーボンコラムに使用できる。
くらいですかね?
悪いところは、
1.まず重い。(ものにもよりますが、30~40gはあります。)
2.固定力がそこまで強くない。(結構ゆるみます。)
くらいですかね。

ここで、本題のヒラメのプレッシャープラグの出番です!!
まず、上記に書いたような悪い点を克服しています!!
プレッシャープラグにしては軽量な方です。
写真を撮り忘れましたが、確か24gくらいだったかな?
プレッシャープラグなのに、グリス必要なしで非常に強い固定力!!
もう、プレッシャープラグが緩んでヘッドセットがガタガタいうのとはおさらば!!
こんな感じで、非常に良いところが多いです。
ただ、悪いとこも書いておきますね。
1.固定力があるだけに、トルク管理をしっかりしないとコラムを破断させます。(クレグレも注意を!!)
2.説明書がもしかしたら見難いかもしません。
3.高いです(笑)

悪いことを踏まえた上でも、ヒラメはオススメです!!
さぁ、カーボンコラムの方は今すぐヒラメにチェンジしよう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月23日 (水)

TIMEモノリンクステム ウルティウム

さて、近代の自転車は色々な素材があります。
例えば、反応性が高いアルミ、半永久的に使用できるチタン、乗り味は非常に良いクロモリ
最後に、自転車にとっては夢の素材であるカーボン!!(私は間違いなくカーボンフェチです)
そして、その夢の素材のカーボンを成形することで有名なのは、フランスのTIMEではないでしょうか?

TIMEと言えば、最近B-BOXの新城さんも使用していたあれです。
TIMEはモジュールと称し、シートポストとステム又はハンドルもセットで売っていますね。
これは、TIMEのフレームの振動吸収性をさらに高める為にしていると聞いたことがあります。(真偽は不明)

そこで、私はTIME乗りではありませんが、TIMEのステムに物欲が疼いてしまい購入に至りました。
この時代ですから、TIMEのステムで検索すれば大抵のインプレッションはでてきます。

色々なインプレがあったなかで、気になる物が何点かありました。
まず初めに○軽量である!
カーボンはどうしても剛性をだすためにカーボンの積層を多くするので重量があがってしまいますが、
その中でも計量と言うことは非常に気になります。
次に、○振動吸収性は高い!
やはり、TIME!!本国で作っているかは怪しいですが、それでもカーボンにステムを変える以上は
大切な要素です。
最後に、○柔らかい!!
柔らかい!!?そんな馬鹿な!?プロチームも使用しているんだぞ!?
それが、ホビーライダーにわかるのか!?と私は感じました。
ただ、ハンドルの話ですが、私はプロも多く使用しているDEDAのニュートンを使用しています。
このハンドルも硬いと有名ですが、それでも私が本気でもがくとねじれる感じがありました。
その原理でいくと柔らかく感じる方もいると言うことでしょうか?
まっ、プロチームは特注ですから、積層を変えてあるのかも知れませんが・・・

さっ、前置きはこれくらいにして購入したTIMEのステムです。

Rimg1540b
カタログ重量は恐らく110mmで118gだったかな?実測値は120gまぁそこそこの誤差ですが
dedaのように酷い鯖読みはしていないのでいいでしょう。

ちなみに、これが以前使用していたステムです。deda zero100

Rimg1542b
このステムは、確かカタログ値が100mmで107gだったかな?
このステムを購入した時は確か、120gオーバーしていました。
ただ、所持しているチタンボルトに交換してやり、今の重量になっています。
dedaの鯖読みは本当に酷いorz
まっ、それでも私のステムは当たりなほうだと思います。

そして、私の手持ちのTIMEステムもチタンボルトでチューン!!
こうなりました!!
Rimg1541b
これ凄くないですか??アルミのステムと同じ重量ってwwwwww
チタンボルトは非常に軽量で、普通についているボルトの約2分の1程度しか重量がありません。
普通のステム用のボルトであれば、おおよそ4g!チタンボルトは2gしか重量がありません。
これを6本変えるだけで、ステムが12g軽くなります!!これは凄い!!
しかし、値段も凄い・・・
まっ、錆びないことと軽いことを考慮するとアリだとは思います。
ちなみに、純チタンのボルトを使用すると非常に折れやすいので、
トルク管理には気を遣って下さい。(そんな私はトルクレンチを持っていません)

さっ、これが自転車につけた写真です!!我ながら惚れ惚れするなー(笑)
Rimg1549b

まだ、距離を乗ってないので、インプレはまた今度!!
長い文章におつきあい頂きありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月22日 (火)

エルゴレバー塗装完了!!

さてさて、ちゃんとした記事をこれから書いていこうと思います。
私の乗っている自転車はridleyのexcalibur08モデルです。
身長は174なのですが、あえて剛性を保つためにXSにしています。(実はサイズが
それしかなかったwww)

さてさて、wiggle信者の私は新型エルゴレバーのrechordを
購入し、自分のコンポが10速なので、エルゴを分解して10速用に
デチューンしました(笑)
そして、11speedの文字が余計になったわけです・・・
そして、あんまり新型エルゴの字体が好きでなかったので、
ノーマルでは我慢できずに、エルゴレバーを塗装してもらうことを
思いつきました!!

しかし、岡山では自転車の塗装を行ってもらえるところもなく、途方にくれていましたが
なんと、googleで検索すると、フェラーリなどの塗装をしている板金屋さんを発見!!
ここのお店の店長さんは非常にすばらしい方で、塗装技術と話術に惚れました(笑)

それでは、まず塗装を施す前の状態です。
P9059028_2
ヌードカーボンは本当にたまりません(笑)

次に、知り合いの方に作って頂いたレコードのステッカー!!
しかも、赤です!!恐らく赤は私だけでしょうwww
P9179152_2
さすが、プロ!!ステッカーを貼るのもかなり上手いです!!

そして、薄くクリアを吹いていきます。
P9189215_2

最後に完成したのが、これです!!
P9189220
P9189222
P9199238_2

美しい!!鼻血が出ます(笑)
あーこれで、また一歩変態に近づきましたwww
皆さんもオリジナルの塗装なんていかがですか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 7日 (月)

はじめまして

今回から、暇なので自分の好きなネタ。
主に自転車ネタを主観的に書いていこうと思います。

まず、岡山に住んでいるただの自転車オタクです。
オタクと言えば色々なベクトルがあるでしょうが、
私の場合は機材オタクです。
オタクといえるかは、わからないレベルですが、
カンパニョーロが大好きです。
所謂、カンパ信者です。
変速性能より、機能美そして、メンテナンス性
これにつきますね。
ただ、オールドカンパについては詳しくないので、
これから勉強をするべきだと思っています。

それでは、皆さんがこれから興味を持てるような
ブログを書いていきたいと思いますので
よろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トップページ | 2009年10月 »