« エルゴレバー塗装完了!! | トップページ | ヒラメプレッシャープラグ最強説 »

2009年9月23日 (水)

TIMEモノリンクステム ウルティウム

さて、近代の自転車は色々な素材があります。
例えば、反応性が高いアルミ、半永久的に使用できるチタン、乗り味は非常に良いクロモリ
最後に、自転車にとっては夢の素材であるカーボン!!(私は間違いなくカーボンフェチです)
そして、その夢の素材のカーボンを成形することで有名なのは、フランスのTIMEではないでしょうか?

TIMEと言えば、最近B-BOXの新城さんも使用していたあれです。
TIMEはモジュールと称し、シートポストとステム又はハンドルもセットで売っていますね。
これは、TIMEのフレームの振動吸収性をさらに高める為にしていると聞いたことがあります。(真偽は不明)

そこで、私はTIME乗りではありませんが、TIMEのステムに物欲が疼いてしまい購入に至りました。
この時代ですから、TIMEのステムで検索すれば大抵のインプレッションはでてきます。

色々なインプレがあったなかで、気になる物が何点かありました。
まず初めに○軽量である!
カーボンはどうしても剛性をだすためにカーボンの積層を多くするので重量があがってしまいますが、
その中でも計量と言うことは非常に気になります。
次に、○振動吸収性は高い!
やはり、TIME!!本国で作っているかは怪しいですが、それでもカーボンにステムを変える以上は
大切な要素です。
最後に、○柔らかい!!
柔らかい!!?そんな馬鹿な!?プロチームも使用しているんだぞ!?
それが、ホビーライダーにわかるのか!?と私は感じました。
ただ、ハンドルの話ですが、私はプロも多く使用しているDEDAのニュートンを使用しています。
このハンドルも硬いと有名ですが、それでも私が本気でもがくとねじれる感じがありました。
その原理でいくと柔らかく感じる方もいると言うことでしょうか?
まっ、プロチームは特注ですから、積層を変えてあるのかも知れませんが・・・

さっ、前置きはこれくらいにして購入したTIMEのステムです。

Rimg1540b
カタログ重量は恐らく110mmで118gだったかな?実測値は120gまぁそこそこの誤差ですが
dedaのように酷い鯖読みはしていないのでいいでしょう。

ちなみに、これが以前使用していたステムです。deda zero100

Rimg1542b
このステムは、確かカタログ値が100mmで107gだったかな?
このステムを購入した時は確か、120gオーバーしていました。
ただ、所持しているチタンボルトに交換してやり、今の重量になっています。
dedaの鯖読みは本当に酷いorz
まっ、それでも私のステムは当たりなほうだと思います。

そして、私の手持ちのTIMEステムもチタンボルトでチューン!!
こうなりました!!
Rimg1541b
これ凄くないですか??アルミのステムと同じ重量ってwwwwww
チタンボルトは非常に軽量で、普通についているボルトの約2分の1程度しか重量がありません。
普通のステム用のボルトであれば、おおよそ4g!チタンボルトは2gしか重量がありません。
これを6本変えるだけで、ステムが12g軽くなります!!これは凄い!!
しかし、値段も凄い・・・
まっ、錆びないことと軽いことを考慮するとアリだとは思います。
ちなみに、純チタンのボルトを使用すると非常に折れやすいので、
トルク管理には気を遣って下さい。(そんな私はトルクレンチを持っていません)

さっ、これが自転車につけた写真です!!我ながら惚れ惚れするなー(笑)
Rimg1549b

まだ、距離を乗ってないので、インプレはまた今度!!
長い文章におつきあい頂きありがとうございました。

|

« エルゴレバー塗装完了!! | トップページ | ヒラメプレッシャープラグ最強説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1266881/31492076

この記事へのトラックバック一覧です: TIMEモノリンクステム ウルティウム:

« エルゴレバー塗装完了!! | トップページ | ヒラメプレッシャープラグ最強説 »