« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月31日 (木)

GARMIN EDGE705カスタム

edge705といえば、黒くて無骨な感じなので、ビニールテープでカスタムしてみました。
ビニールテープは伸縮性もあるうえに安価なので、カスタムにオススメです。

まずは、RXRに似合うように赤色にカスタムしてみました。

Rimg2685

Rimg2684
割とかっこいいですね。

ただ、ちょっと寂しかったので他のカスタムを模索しました。
ネットを探しているとかっこいいデザインがあったので、
それを真似してみました。
Rimg2696

アルカンシェルカラーです。
これが気に入ったので、これに決定です。
皆さんもedge705をカスタムしませんか!?

さて、ブログを始めて約4ヶ月経ちました。
こんなブログにお付き合いしてくれる方ありがとうございます。
来年もくだらない記事を書いていきますので、お付き合いをお願いします。

それでは、良いお年を


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月30日 (水)

実家に帰ってきました。

先日、大掃除をして実家へ帰省してまいりました。
標高470mでとても寒かったです。
あまりの寒さに夜寝られませんでした(笑)
後輩のカステに、電動ドリルとサンダーを持って帰ってあげようと思い
工房に行きました。

なんと、親戚が勝手に工具を持って帰っていたせいでありませんでした。
カステすまん!!ちょっと俺も欲しいので、親戚の家に今度取りに行くわ。

そんなこんなで、祖父の仕事場の風景です。
Rimg2681


Rimg2682


Rimg2683


ノコギリとかがいっぱいありました。
祖父が生きていたころは、もっと色々な工具があったのですが、親戚が
持って帰ってしまったので、あまりありません。
個人的には、そのままにしていて欲しかったですね。

しかし、こうやって見ると工具って殺傷能力が高いですね(笑)
職人はやっぱりかっこいいな

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月29日 (火)

garmin edge705入手!!

遂にやらかしました。
ずっと気になっていたので、バイトを4日して買いました!!
海外から取り寄せて、4万くらいです。
バイト代が4日分を綺麗に消費できました(笑)

Rimg2677

それでは、TIME RXRにつけてみましょう。
Rimg2674

Rimg2675

Rimg2676
やけにでかいです(笑)

最初は、違和感ありまくりでしたが、慣れました(笑)

スピードとケイデンスは、同じセンサーになっています。


Rimg2678
色んなサイトで解説されているので、今更私が書くようなことはありません。

とりあえず、近いうちにデカールでカスタムしたいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月28日 (月)

手作りの物が大好きです。

今日は、自転車以外の記事を書きます。

私は、視力があまり良くないので車に乗る時には眼鏡をかけます。
眼鏡は、お洒落アイテムの一つですね。

私の使用している眼鏡たちです。
Rimg2673
日本の眼鏡はほとんど福井県で作られています。

私の眼鏡も職人さんによる手作りのものばかりです。
上から順に、泰八郎謹製、泰八郎謹製、小竹長兵衛作、正義作、そして、オークリーです。
オークリー以外はセルロイドで作成されています。
とても深みのある色が気に入っています。

話は、変わりますが私の祖父は釘を使わずに水車を作る職人でした。
もう、他界してしまいましたが、日本で釘を使用しない職人としては最後の一人でした。

そういう姿を昔から見てきているので、手作りの物が好きなんでしょうか?
この眼鏡をかけている物も、実はうちの父親が作ったものです(笑)

ちょっと雑に作ってありますが、とても大好きな眼鏡置きです。

Rimg2673_2


Rimg2671

みなさんも、こんな眼鏡置きはいかがですか?(笑)
では、また

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月27日 (日)

コラムカット (TIME RXR)

最近は、こんな私でも忙しく更新が滞ってしまいました。
さて、私のRXRはコラムを15mm出るように余らせていました。
Rimg2665

RXRでポジションも出たので、10mmカットして、ステム周りをスッキリさせてやろうと思いました。
まず、ソーガイドを装着しました。

Rimg2666
カットしました。


Rimg2668


とても綺麗に切れました。ただ、ささぐれていたので耐水紙の240番で
コラムを綺麗に磨きました。

これで、取り付けて完了です。
Rimg2669

凄くスッキリしました。
しかし、カットするには決心がいりますよね。
不可逆的なので、慎重に行いましょう。

それでは、また

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月25日 (金)

自転車整備編(アウタワイヤーの張り方など)

こんばんわ!!無事に卒論の提出も終わり、今日から私は自由人になる
予定でしたが、明日はバイトなのでおちおち寝てられませんorz

さて、今日はTIME友達のアオキさんからリクエストがあった、
アウターケーブルの長さを紹介したいと思います。

私も、最初に自転車を組むときはアウターケーブルの長さ決めに困ったものでした。
まっ、この作業も慣れなんですけどね(笑)
自転車をこれから自分で組むぞって人は、参考程度にしてもらえれば良いと思います。

それでは、まずヘッド周りのアウターの処理画像です。
Rimg2639
私は、ブレーキを右前にしているので、このような取り回しの仕方になります。
指で指しているのが、ブレーキのアウターなのですが、ブレーキの引きを
軽くしようと思い、ギリギリまでアウターを短くした結果、ステムの脱着が大変に
なってしまいました(笑)
ブレーキのアウターケーブルはもう少しアーチを描く様にしてやれば良いと思います。

次に、ハンドル周りになります。

Rimg2641
旧シマノ(dura7800とか)と違い、カンパのワイヤーはハンドルの後ろに来るようになります。
ただし、新型のエルゴはワイヤーの取り回しを二種類選べます。
ハンドルバーの前をアウターが通るようにも設定できます。
私は、この取り回しが好きなので、こうしています。

左から見た感じです。


Rimg2642


右側はこんな感じです。

Rimg2652

ついでに、ブレーキのアウターとシフトのアウターの写真も載せておきます。


Rimg2648

Rimg2651

あくまで、このアウターの長さは参考にして下さい。
ブレーキのタッチをある程度軽くするのであれば、あまり長いと良くないかも知れませんね。

さて、ここからはRXRについている謎?の部品について解説を簡単にしたいと思います。
まず、芋虫っぽいゴムがあります。
これは一般的な形ではありませんが、アウターに通して使用するフレームプロテクターです。

Rimg2640
どうしても、ハンドルをきるとワイヤーがこすれてしまい、フレームに傷が付きます。
それを防止するためのものですね。

Rimg2650
またこの写真の上のアウターに使用している、ワイヤーに挟んで使用するタイプの
フレームプロテクターもあります。(jagが有名かな?)
このタイプは脱着が楽なのですが、気がつけばなくなっていることが多いので、
私は、あまり好きではありません。
次に、小さなOリングです。
これも、自転車を組んでいる人であればわかりますね。
ブレーキのケーブルがフレームにあたって傷が付くのを防ぐためのものになります。

Rimg2646
画像のものはTIMEの純正とは違いますが、使用用途は一緒です。

次に、ケーブルガイドのワイヤーの通し方ですが、これはどの自転車でも大体変わらないでしょう。

Rimg2643
左がRD、右がFDのインナーケーブルですね。
この部分にちゃんと注油してやれば、少しでもフリクションを減らすことができます。

ところで、RXRには謎の小さなホースが付いていました。
私は構造上、ケーブルガイドではないかと考えました。
まず、写真をみてもらいましょう。

Rimg2644
画像では、分かり難いのですがケーブルガイドを通した後に、フレームに穴があります。
これを普通に通してしまうと、フリクションが生まれてしまうので、そこの小さな穴に
画像の様にホースを通します。
上から見た画像です。

Rimg2645
分かり難いのですが、こんな感じです。
使用用途は恐らくあっていると思います。
他の使い方があるので、あればご意見を下さい。

あくまでも、私の使用方法ですので参考までにして下さい。
では、また明日。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

ISPとTRANSLINKの違いってなに?

こんばんわ。
TIMEではISPのことをトランスリンクと言います。
これは、ISPの定義となにか違うのでしょうか?
まず、ISPとは、インテグラルシートポストの略で、フレームとシートポストが
一体になったものをいいますね。

では、トランスリンクとはなんでしょうか?
トランスリンク自体もフレームとシートポストが一体になっています。
そこで、ダイナソアがだしたカタログに、トランスリンクの説明があったので
載せてみましょう。

トランスリンクとは、シートチューブをサドルまで伸ばし、シートポストをなくした機構 を指します。一部のタイムのフレームはシートポストの代わりに長く突き出たフレームの 一部がその役割を果たします。では、フレームの一部をシートポストの代わりにすることで どのようなメリットが生まれるのでしょうか?

ここまでが、前書きの引用になります。
ISPと定義が一緒じゃないのか?と思うんですが・・・


ここからは、良い点を紹介します。

「軽量化」
TIME社の優れたカーボン技術により、シートポストより肉薄の素材を使用することに成功しました。
「低重心化」
自転車の上部に位置するサドル付近の重量を減らすことで重心を下げることに成功しました。
「パワーロスの低減」
トランスリンク専用のシートポストを締め付けるクランプバンドは、サドルのすぐ下に位置します。
そのため、フレームとシートポストの挿入部分で発生する「しなり」を解消しました。

三つ目のトランスリンク専用のシートポストというのが、トランスリンクの所以でしょうか?
しかし、どこのメーカーも専用のものを使用しているのは、間違いないわけですし(むしろ専用のものしか使えない)、やはり、ISPとは変わらないですね・・・

どなたか、トランスリンクとISPの違いがわかる人はご意見下さい。
トランスリンクとかを総称してISPっていうのかな?
では、また


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月23日 (水)

カンパニョーロRD調整編

こんばんわ。記事を書くのが遅くなってしまいました。
本日はカンパのRDを調整したいと思います。
昨日紹介したFDと違って、比較的簡単です。

まずは、ワイヤーをこういう風に通します。
Rimg2572

RDは力一杯ワイヤーを張って問題ないでしょう。
次に、プーリーとスプロケの歯の位置をあわしていきます。

まずはロー側です。


Rimg2566
分かり難いですが、ここを平行にします。
調整するネジは左側です。

Rimg2571

ロー側が終了したら、トップ側です。
こちらも平行にします。

Rimg2568
こちらは右側のネジですね。

Rimg2570

そして、最後にクランクを回しながら調整していきます。
微調整はワイヤーの張り具合で調整するので、
この部分をいじります。

Rimg2573

変速してみて、異音がする場所のチェーンをチェックします。
ローかトップのどちら側にチェーンがよっているかを確認します。
時計回りに回せば、トップ側、反対であればロー側に動きます。

これで、調整の説明は終了です。
わからないことがあれば、コメント欄へどうぞ。

ちなみに、番外編としてリアブレーキのセンターの出し方ですが、
ここを調整します。


Rimg2564

ここをモンキーレンチで左右に動かして、センターをだします。

Rimg2565
それでは、また


| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年12月21日 (月)

カンパニョーロFD調整編 

今日は、昨日の記事で書いたように、カンパニョーロのフロントディレイラーの
調整方法を紹介したいと思います。
私の調整方法がベストかどうかはわかりませんし、私の様に調整をして
上手くいかない場合や、不具合があった場合でも責任は一切負いかねます。
また、説明書に調整の方法が書いてありますので、完璧をもとめる方などは
自転車屋さんまたは、ご自身のやり方で調整を行って下さい。

さて、FDの調整で必要な道具は取り付けの際のアーレンキーと調整の為の
ノギスとプラスドライバーになります。

さて、自転車をご自身で組み付けた方は、FDの調整が一番難しい思いをしたのでは
ないでしょうか?
インターネットで調べても、カンパ故に検索になかなかひっかからないという人も多いのでは
ないでしょうか?
そんな人の参考になれば良いと思い今回は、私流の調整方法を紹介します。(文句は御法度ですよ)

まずは、フレームにFDを取り付ける位置がとても重要です。
ここさえしっかりしていれば大丈夫です。

まず、FDよりクランクを先に装着して下さい。
そうしないと、FDの取り付け位置はわかりません。

FDを取り付ける高さについてですが、クランクのアウターギアと
大体2mm程間を取るのが良いと思います。
2mm以下にシビアに調整するとFDが傷つくかもしれません。
Rimg2546

私の自転車をノギスで測ると大体2mmちょっとでした。

次に外側のガイドプレートとアウターのチェーンリングが平行である必要があります!!
これも、かなり重要です。
ここで、変に斜めになっていると、ローギアに変えた場合、FDのガイドプレートとチェーンが
接触してしまう恐れがあります。
また、フロントのギアが上手く変わらないという不具合もおこります。


Rimg2547

写真が非常に分かりにくいのですが、おおむね平行です。

次に、ワイヤーを張りましょう。
カンパも年式によって多少ワイヤーの通し方が違ってくるのですが、
おおむね私の様につけていただければ大丈夫だと思います。

Rimg2548
ちなみに、私のFDは11s用のレコードです。
今まで、2005のコーラス、QSのレコードを使用してきましたが、11速用のFDは格段に
ガイドプレートの剛性が上がっていて素晴らしい変速ができるようになってます。
今までより、ストロークも少なく素早い変速です。
今のFDに変えて、フロントの変速に対する不満が解消されました。

話を戻します。
次にワイヤーを張ったら、チェーンを装着した状態で、調整していきます。
まずは、ワイヤーチェックです。
一番アウターにFDをもっていった時、ワイヤーに一番テンションがかかります。
まず、指でワイヤーをはじいてテンションを確認します。
ここで、ワイヤーが今にも切れそうなぐらいテンションが高いとダメです!

少し余裕があるくらいに調整しなおします。
ここら変は感覚なので、文字では伝え難いですね。

ある程度のテンションになったら、次にアウタートップにチェーンをかけます。
そこで、チェーンとFDの隙間をおおよそ2mmくらいになるように調整します。
ネジは下のネジを動かします。

Rimg2553
時計方向に回すと内側に外側のガイドプレートが動いたと思います。
これが、どちらに動くかはワイヤーを張っていない状態で下のネジを回せばわかります。
ここで、あまりにも隙間を開けすぎるとチェーンが外側に脱落します。

FDのネジは少しずつ回して下さい!!
とてもゆっくり少しずつ動くので根気をもってチャレンジして下さい。

私の自転車の写真です。

Rimg2552
私の場合は1.6mmくらいに調整しています。

次に、ギアをインナーローに変えチェーンをかけます。

今度は、内側のガイドプレートとチェーンが接触しないように1~2mmくらい
の隙間をあけます。
上のネジを回します。
Rimg2553_2

こっちの調整はなかなかシビアで、接触しないように調整するのは
時間がかかるかもしれません。
多少接触しても、こんなもんだと思って諦める方が楽ですね(笑)
私は、接触しないように調整していますが、大変です。

こちらの調整を失敗するとフレームに傷がつくので、慎重に行って下さい。
私の自転車の写真です。

Rimg2550
チェーンの脱落防止のためにk-egdeのチェーンカッターを装着しています。

Rimg2555
わかりにくいですが、チェーンカッターとのクリアランスはチェーンリングに当たるか当たらないかギリギリの
ところにしています。

以上で調整方法を終わります。
私のも調整を完璧にしているので、FDのネジはどちらが動くかはあやふやです。
なので、ワイヤーを張らない状態で、動かしてみて下さい。
恐らくあっていると思います。

また、今回はFDの調整から行いましたが、普通はRDの調整からします。
RDは簡単なので、明日に回します。

調整はとても難しいですが、経験を積めば、比較的早く調整ができるようになります。
また、完璧に調整する為には、調整したものに乗って、トルクをかけて
どうなるかを確認した後にシビアに調整をして行くのがコツです。

解りにくい文章の上に、写真も見にくいのですみません。
また、調整に関しての疑問があれば、私が知っている範囲で
お教えいたしますので、気軽にコメントをして下さい。

では、また

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年12月20日 (日)

カンパのコンポを調整をしてみましょう。

インターネットでカンパのFD調整やRD調整で検索しても
シマノに比べて情報量があまりにも少ないので、
私が調整している方法をこれから紹介していきたいと思います。

今日は、はじめにカンパを組み付けに使用する工具を紹介します。
あくまで、これから紹介することはあくまで個人的にすることですので、
参考程度にして下さい。
プロショップに頼むのであれば、そちらの方が良いと思います。


Rimg2544

こんな感じです。
チェーン切りは10速用と11速用のカンパ専用のもの
ノギス、ニッパー、ドライバー(各種)
カンパ純正のBBカップ工具、ウルトラトルク専用の工具
アーレンキー、ボックスレンチ、スプロケ外し、モンキーレンチです。

明日はFDの調整について記事にしようと思います。
それでは、また


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月19日 (土)

ブレーキがおかしい・・・

こんばんわ。
最近、やけにブレーキの効きが悪くて、どうしたのかと考えていました。
そこで、HOZANのリム消しゴムを使用して汚れを落としました。
Rimg2540

しかし、リムを掃除しても全然効きが変わりません。

そこで、ブレーキシューがおかしいのではと思い外してみました。

Rimg2534
すると、シューにかなり金属がついていました。

Rimg2538

恐らくこれが原因だと思い、ヤスリで削ることに

Rimg2539

下がシューを削ったものです。

で、装着しました。
ちなみに、カンパのブレーキを装着するための工具はボックスレンチです。


Rimg2537

さて、走った感想ですが、びっくりするぐらい制動力が増しましたwww
シューのコンパウンドが硬かったのでしょうか?
このカンパ純正のシューはやけにリムへの攻撃性が高いですね。

ところで、カンパと言えばシマノよりブレーキの設計思想は優れていますね。
前後の作りを変えているところから、それが伺えます。

今のブレーキの形はスケルトンですね。

Rimg2542
大胆な肉抜きを施し、軽量化と剛性を確保した素晴らしいブレーキです。

そういえば、オールドカンパのブレーキといえば、デルタブレーキが有名ですね。
私が、自転車屋さんから聞いた情報によると設計ミスで、握力が無茶苦茶ないと
ひけないと聞きました(笑)
是非実物をひいてみたいですねwww
デルタブレーキの大きさも相当大きいですが、不思議と美しく感じてしまうのが
カンパの素晴らしいところでしょうか?

カンパのブレーキは昔から設計や使用感が素晴らしかったのか、オールドカンパに詳しい人に
聞いてみたいところです。

では、また


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月18日 (金)

Ann sallyというアーティスト

今日は、音楽について記事を書きたいと思います。
最近は、家で卒論と戦う日々です。
そんな疲れた時に聞いて癒されるアーティストが
このAnn sally(アン・サリー)です。

この人の歌い声はとても優しい声で癒されるんですよ。
今まで、でたアルバムでは主にカバーばかりしていました。

例えば、ジョンレノンのLOVEや青春の影と光蘇州夜曲
なんて曲をカバーしています。

基本的にジャズやボッサといったジャンルの曲を
カバーしています。
アンサリーの曲は良い曲ばかりなのですが、
そのなかで私がもっとも好きな曲は「時間旅行」という曲です。

この曲はカバーではなく、オリジナルの曲です。
優しいメロディと哀愁ある感じの歌詞がなんとも言えませんwww

youtubeのリンクを貼っておくので、興味のある方は
是非聞いて見て下さい!!
時間旅行
Profile_photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月17日 (木)

寒いけど走ってきました。

今日は、RXRでおでかけしました。
RXRは本当に素晴らしい。
気付くと、グングンスピードがあがってますww
足がすぐに切れてしまいそうですねwww

今日は、友達のリドレーと一緒にお出かけしました。
Rimg2512

Rimg2513

Rimg2514

去年からなくなったリドレーのトリトンSです。
ラメがとても美しいです。

休憩がてらに撮影してみました。

Rimg2519


Rimg2520


Rimg2524

自分の自転車の写真ばっかり撮ってますwww
まるで親ばかですね(笑)
それでは、また

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)

TIME RXR ULTEAM ベアリング変更2

さて、昨日に続きベアリングを交換していきましょう!!

まずは、ベアリングを組み付けるためにマイクロロンルブリガントを
多めに塗布します。
Rimg2390

ベアリングを組み付ける前に比較してみました。

Rimg2392
窒化珪素のセラミックはかっこいいですね。

それでは、組み付けます。

Rimg2393


完成です!
Rimg2394

ふたをします。

Rimg2395

とてもスムースな回転になりました。

さて、フレームに組み付けようと思った瞬間に下ワンの部品で
こんな物があることに気付きました。
Rimg2406

これは、下ワンのベアリングにゴミが入らないようにするための
パッキンでした!!
Rimg2407

ということは、RXRの組み立て編で書いたゴムはなんだったんでしょうか?ww
嫌がらせだったんでしょうか?ww

今日は、疲れたのでここまでです。
それでは、また

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月15日 (火)

TIME RXR ULTEAM ベアリング変更1

以前の記事で、船辺さんのところから、セラミックベアリングを取り寄せたことは
書きましたが、忙しく未だに取り付けることができていません。

明日に卒業論文の発表会があるため、今日が一番忙しいのです。
しかし、「忙しい時ほど無駄なことがやりたくなる症候群」の私は、
そんな逆境にもめげずベアリング交換を試みてみようと思いますwww(大丈夫なのか俺?)

さて、まずはTIME特有のquick setを外します。
Rimg2379


Rimg2380
もちろん工具は最初からついているこいつを使用します。

Rimg2377

しかし、TIMEのフォークのコラムは面白いですね。
地層みたいですwww

Rimg2378

ちなみに、フォークのコラムにはネジが切ってあります。

Rimg2384

上下のベアリングを外して、机の上に置いた時にあることに気付きました!!
まずは、画像を見て下さい。

Rimg2405
左が上ワンで右が下ワンです。
違いがわかりますか??

そうです!!実は下のベアリングは上より大きいんですよ!!
こっそり、スーパーオーバーサイズ化していましたwww

私が調べた情報では、RXRは最近流行のエアロ形状のフレームなのに
ワイヤーは内蔵式にしなかったり、シートポストはISPなのに二本締めと
良い意味でユーザーライクだということが書いていただけでした。

紹介はしてないだけで、ちゃっかり流行に乗っているのがTIMEの凄いところだと
思いました。(知っている人は、今更という感じでしょうが)

フロントフォークの剛性はこのベアリングも関係していたんだと思います。
今日は、ここまでです。
明日には、換装をすませますので、お付き合い下さい。
それでは、また

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月14日 (月)

ミシュランって、こんな感じですか。(pro race3)

こんばんわ。卒論の発表で忙しいにも関わらず、
家には、とんでもないものが届きました!!
タイトルを見ればわかりますが、こいつです。Rimg2456

そう!ミシュラン プロ3レースです!!
ミシュランと言えば、あのF1でトップクラスの性能を誇るタイヤですね。
さて、なんでこんな物が我が家に届いたかと言うと、
彼女におねだりをしていたんですよwww

クリスマスプレゼントというやつでしょうか?ww

そんなこんなで、どうしてもRXRに装着したくなり、早速装着しました。
装着すると気付いたことが・・・

Rimg2459
なんか、粉ついてますよwww
ミシュランのタイヤは生まれて初めてなので、びっくり!!
バリアントにもついてたかな??

装着した画像です。
以前の合成写真とは違いますよwww

Rimg2460

Rimg2462

う~ん、なんとも良い感じですね・・・
さすが、同じ御フランス製!!
絶妙な感じでマッチしていますね。

そろそろ、ちゃんとしたインプレを書くために100キロ程走りたいのですが、
いかんせん時間がありません。

それでは、また!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年12月13日 (日)

キャビアですかこれ??

こんばんわ!!今日は、模試を受けてきました。
勉強不足が顕著にでてしまい、反省しています。
そんな時に、おうちにこんな物がありました!!

Rimg2389

キャビアでしょうか!!?
そんなはずはありませんwww
セラミックベアリングを注文しちゃいましたwww
今回は、【船辺さん】から購入です!!
とても親切に対応して頂き好感がもてました。

他に予備として欲しいベアリングがあるので注文してみたいと思います。
皆さんもオススメですよ。

さて、このセラミックベアリングはどこの部分に使用をしましょうか・・・
もちろん、RXRのヘッドセットの中ですねwww

今日は、疲れたので、RXRのカスタムはまた後日にします。
しかし、セラミックも球で注文すると、安いことにびっくりでした。

それでは、また


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月12日 (土)

世界最速のインディアンをご存じですか?

今回は、自転車以外の記事を久しぶりに書きます。
もう、一年が終わりますね。
冬で寒いせいか、心も懐も寒くなる季節ですね。

今日は、そんな寒い季節にオススメの暖まる映画を紹介します。
まず、タイトルに書いている"インディアン"というのは先住民ではありません(笑)

インディアンとは、昔ハーレーダビットソンのライバルだったバイクメーカーのことです。
私は、バイクには詳しくはないのですが、インディアンは今では倒産したんだっと思います。

この映画のあらすじは、63歳のおじいさんが自分のバイクで世界新記録をだしたいと
いう一心でアメリカにいくというストーリーです。
自分でバイクの部品を作ったりするシーンがあったりします。

まっ、説明するより見て頂いた方が良いです!!
正直自分も60くらいになって自転車をいじってたいと思います。

この映画は見て損はないです!!
私の中の映画ランキングでダントツの一位ですね。

男はロマンと夢に生きる生き物だなぁーと感じられるのが、この映画です。
C0019302_18414331

今日は、自転車の記事ではなくてすみません。
それでは、また

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月11日 (金)

garmin edge705に対して思うこと。

ガーミンのなんでも入りサイコンのEDGE705ですが、
海外で買うと約4万ですが、日本で買うと約10万という
凄い価格差です。
ガーミンの代理店はいいよねっとで、ダイナソアと並ぶ
ボッタクリ代理店として有名みたいです。

今日、自転車屋に行きたまたまedge705が目についてみたので
どうですか?と聞いたところ、「画面が小さいから見難い」という
意見をもらいました。
ナビを見るときに画面が小さいのは、致命的ではないだろうか??

そう考えると、日本語版の良いところのナビが日本語で表記できると
いう点もあまり良い点に見えなくなってきます。(海外版は地名などローマ字表記)

トレーニング器具としては素晴らしいそうです。
ということで、ソフトウエアのアップデートの遅い日本語版を買うより、
海外版を買って、トレーニング器具として使用する方が賢明ですね。

海外版は、日本語表記はできませんがサイコンとして使用するなら
英語でも問題ないですね。
お金が余ってる方以外は英語版が良いのではないでしょうか?www

と言っても、自分で使用したことがないので、今日の記事は憶測で書いていますので、
気を悪くされた方がいたらすみません。

また、使用している方はドシドシ情報を下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月10日 (木)

TIME RXR ULTEAMインプレ

さて、最近は忙しく乗れていません。
ただ、近所の辺りを走ったので、その感想を報告したいと思います。

一言で言うなら、ギアが一枚軽くなると言っても過言ではありません。
こんなフレーズを良く雑誌のインプレで見ることも多いと思います。
しかし、本当にそう感じました。
以前のリドレーでも充分素晴らしい性能でしたが、このフレームは次元が違います。

カーボンフレームは撓ると言いますね。
RXRは、そのウィップ具合がとても心地よく、ペダリングにあって撓ってくれます。
気付けば、ケイデンスが上がりまくります(笑)

次に、ゼロ加速がとても素晴らしい!!
気付けばすぐに30キロでますwww
フレーム自体の剛性はとても高いのですが、振動吸収性が
とても素晴らしいです。
振動吸収性が相まって、剛性の高さをそこまで感じさせません。
大体ハイエンドモデルは硬いと言いますが、さすがTIMEと言ったところでしょうか。

他のハイエンドモデルは乗ったことがありませんが、RXRは素晴らしすぎます。
軽く走っただけでも、開いた口がふさがらないですね。
RXRはエアロ形状のフレームですが、充分軽量なので山もいけそうですね。

ISPも手伝ってか、本当にフレームの一体感が素晴らしいです。
今はポンドも安いのでオススメのフレームです!!

また、長距離に乗ったら、インプレを書きます。
Photo


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 9日 (水)

シートポストチェンジ!!(OCR3)

昨日異音の原因を解明したGIANTですが、
たまたま、格安のシートポストが手に入ったので
交換することにしました。
なんと110円で手に入りました!!
それが、こいつです!!
Rimg2428

色が安っぽい感じの銀色です・・・

とりあえず、さしてみましょう!!


Rimg2429
うん??以外にあってるかもwww


そんな感じで完成したのが、こいつです!!


Rimg2431
割とバランスが良いですねwww

前にもまして、GIANTが大好きになりましたwww

では、また

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 8日 (火)

異音の原因を探せ!!

こんばんわ。
ブログをはじめてアクセス数が一万を突破して非常に嬉しい今日この頃です。
さて、今日は私の乗っているGIANT OCR3についてです。
最近はTIMEには乗らずにほとんど汎用性の高いOCR3に乗っています。

最近、乗っていてギシギシと異音がすることに気付きました。
私のOCRは友達の事故車をタダでもらって組直した物なので、
ダウンチューブとかにクラックが入っているのではと思い、フレームを
隅々まで見てもクラックの一つもありませんでした。

そこで、サドルに体重をかけてみると、離した瞬間にギシっときしむ音が
します。
うん??どこだ??シートポストのネジはしっかり締めたはずだぞ?
なんてことを考えながらバラしてみると・・・
Rimg2424


なんだこれ??
うん!?シムが入ってるのか!!?
と思い取り出してみると、シムが入ってました(笑)

Rimg2426
付属していたシートポスト径は27.2でした。
計測するとサイズは31.6が付くみたいで、別に特殊サイズでもないのに
なぜ、シムをかまして変換していたのかは謎ですwww


不思議だぞGIANT!何がしたいんだGIANT!!
という感じで、恐らくこのシムが異音の原因だったのだと思います。
うーん、安全に乗るために交換しようかな・・・
皆さんのGIANTはどうなっていますか??
なんのためにこんな仕様になっているのか詳しい方は、情報を下さい(笑)
それでは、また

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

自転車は美しく、思い出も美しく

TIMEを手に入れてからというもの、美しさにうっとりしています。
この美しさをさらに向上させてやろうと思い、ワックスを購入しようと
考え、近くのオートバックスへ!!

オートバックスと言えば、クラウンやセルシオなんかに乗っている人が
多く来店することで有名です。(岡山だけ?)

そこで、店員さんに塗装面に使用できるオススメのワックスはないか?
と質問をしたところ、こいつを勧められました!!
Rimg2408


カルバナが配合されているそうです。
店員さん曰くヤンキーの方達がこのワックスを使用して、
絶賛しているという情報を得たので、ワクワクしながら
帰りました。

中はこんな感じです。
Rimg2409
匂いは、バニラっぽいなんとも独特な匂いがします。
ノーコンパウンドで、塗装は削りません。

このワックスを使用した感想ですが、「光の反射がとてつもない」ということです。
写真を撮ってみたのですが、質感が表せないので参考程度に載せておきます。

Rimg2413

やはり、赤色を写真で表現するのは難しいですね・・・

それでは、また


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

グリス入れ替え

普段自分が使用するグリス類はマイクロロン系を使用していますが、
自分以外の人の自転車を組むときは、モリブデンを使用したりします。
モリブデンは安価で耐久性もあってオススメです。

ちなみに、モリブデンの入れ物はこんなのです。

Rimg2358
私は基本的にチューブよりボトル系にグリス類を入れておきたいので、
今回はこんなものを買ってきました。

Rimg2357
一個100円程度の入れ物です。

これに、グリスの入れ替えをしていきたいと思います。

先ほど、モリブデンは紹介しましたが、もう一つこのグリスも使用しています。

Rimg2354
フィニッシュラインのセラミックグリスです。
これは、硬めのグリスでデュラグリスの代わりに使用できます。

このグリスの問題点は・・・
説明するより、見て頂いた方が手っ取り早いのでwww

Rimg2356
わかりますか?
上が完全に開いています(笑)
買ったときに出そうと思い、握った瞬間に上が爆発しましたwww

それ以来、持ち運ぶのに困っていました。
ということで、二つのグリスを入れ替えます。

Rimg2360

Rimg2361
これで、手でグリスを塗るときには便利になりました。

この容器に移し替えたので、工具箱に入れても大丈夫です。


Rimg2362
工具箱の中でも綺麗に収まりました。
では、また


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 5日 (土)

TIME RXRの弱点はヘッドセット・・・

今日は、休日だったので、距離を乗ってRXRのインプレを書こうと
思っていましたが、卒業研究があまりにも忙しく、無理でした。
そこで、今日はヘッドセットについてです。

先日、TIME RXR ULTEAMの組み立てをブログにしましたが、
まさかのヘッドセットを産卵することになるとは思いもしませんでした(笑)
TIME RXR組み立て編2
しかし、これだけ高いTIMEでも以外と完璧ではないものなんだと
感じました。
ベアリングも一個少なく、アドバイスをもらった結果変えた方が良いという
結論にいきつきましたwww


そこで、交換する為にベアリングの大きさを調べないといけません。
ノギスが私の家にはないので、ホームセンターに買いに行きました。
Rimg2374
798円でした。

帰ろうと思い、振り向いた瞬間!!
そこで、探していたものを発見しました!!
Rimg2375
そう!!シンプルグリーンです!!
なぜか、グリスのコーナーにありました・・・
そりゃー探してもみつからんわwww

このシンプルグリーンはkinoさんのブログで紹介されていたので、使用してみたく
探していたものです。

話を元にもどしますが、ベアリングの径を測定してみました。


Rimg2385
上ワンだけを外し、計測開始です。

Rimg2386
約2mm強ですね。
よってサイズは、3/32であることが発覚しました。

では、組み付け直していきましょう。
今回は精密ペンチという。先にギザギザがついていないペンチを使用し
丁寧にもどしてやりました。

Rimg2387
また、時間とお財布に余裕があるときにベアリングの購入を考えたいと
思います。
片付けをした後にシンプルグリーンで手を洗いましたが、汚れが良く落ちる上に
とてもさわやかな良い香がしました。
オススメです!!
それでは、また!!


| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年12月 4日 (金)

GROWTAC GT-OIL良いですよ!!!!

こんばんわ。最近はずっとTIME RXR ULTEAMのネタばかりですみませんでした。
インプレを書こうと思ったのですが、ある程度乗ってからにしようと思いました。
ただ、簡単に言うと乗った瞬間にカーボンに対する概念が変わります。
私のリドレーも素晴らしかったのですが、TIMEは踏んだ瞬間に思わず
笑ってしまいました。
詳しいインプレは、また後日

さて、今日は私が発売を楽しみにしていたGROWTAC(グロウタック)さん
GT-OILについて書きたいと思います。
タイトルにすでに感想を書いているのですが、これは本当に良いです。
まずは、写真です。
Rimg2336

こんな感じの可愛いサイズです。

まず、こいつの素晴らしいところが、安い!!
私が本当は欲しかったのが50mlだったのですが、ちょうど
売り切れていて、10mlを4本買いました。

以前紹介した、マイクロロンプレジションオイル、Tomity Racing Oil
は素晴らしい性能を引き出してくれますが、いかんせん値段が
高く、なかなか使用する気になりません。(なんだかんだで、使ってますけどwww)

しかし、このオイルは10mlで150円、50mlで600円と格安です!!
自社で容器につめらているみたいで、いかにオイル以外を安くすますか
考えられた結果の値段らしいです。

次に性能の方ですが、まずは手に垂らして粘度を感じてみます。
サラサラのようで、ちゃんと粘度があり耐久性もちゃんとありそうな
感じでした。(表現が曖昧ですみません。)

兎に角、使ってみなければ意味がない!!
ということで、チェーンにさしてやりました。
いつも使用しているフィニッシュラインのオイルより確実に踏んだ感じ
が滑らかになりました。
あくまでも主観的な意見なので、参考程度にしかならないと思いますが・・・

費用対効果をみると、とても素晴らしいではありませんか!!
友達や後輩の自転車を組む付ける時には是非使用したいと感じました。

皆さんもだまされたと思って、このオイルを買ってみてはいかがですか?
マイクロロンは高くて中々オススメできません。(性能はピカイチです。)
しかし、このオイルなら安いので買っても損にはならないはず!!

後輩のカステにも一つプレゼントしましたが、彼も気に入ってくれた様子です。
本当にオススメです。
ちなみに、私が購入したのはCS-MAVERICKさんです。
本家のGROWTACさんのページからも購入可能です!!

それでは、また

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 3日 (木)

TIME RXR ULTEAM組み立て編4~完成編

何日もお付き合いして頂いてありがとうございました。
今日で、やっと完成です。
TIME到着編
組み立て編1
組み立て編2
組み立て編3
参考までに見て下さい。

さて、仮組で満足してしまいここからの組み上げが加速度を増すように遅くなっていきました(笑)

ここで、ワイヤーの取り回しをするのが非常に面倒になった為、後回しにすることにしましたwww
シートポストを先に切ることにしました。
シートポストに切りカスが入らないように使用しないソックスを入れていきます。
Rimg2337

次に、金鋸で付属のソーガイドを使用して切っていきます。


100_0042

以外と簡単に切れます。
これが、切ったシートポストの残りです。
私は2.7cmほどカットしました。


Rimg2388
手で押しつぶそうとすると、無茶苦茶硬く素晴らしいなと思いました。

そんなこんなで、ワイヤーを取り回していきました。
そして、チェーンを繋ぎました。


100_0044

バーテープを巻く直前の画像です。

Rimg2340


100_0050


100_0051


100_0052


100_0055

もう、バーテープ良いかなって思いますね(笑)

最後の仕上げに、fizikのデュアルバーテープを巻いて完成です!!

今回巻いたバーテープは握り心地が極上です。
皆さんも是非使用して見て下さい。
完成した画像です。


Rimg2345


Rimg2346


Rimg2350


Rimg2348

うーん、惚れ惚れしますね。
インプレを書こうと思いましたが、長くなったのでまた明日書きます。
それでは、また


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年12月 2日 (水)

TIME RXR ULTEAM組み立て編3

このブログを初めて約3ヶ月経ちました。
このブログを検索してくるワードフレーズで
だんとつで多いフレーズが、「ドイツ人」「変態」です。
くれぐれも私のサイトはエロサイトではありません!!
エロ目的の方はすみませんが、他のページへお願いします(笑)

さぁ、そんなことはさておきTIMEのフレーム自体の整備は終わったので
これから仮組に入っていきましょうか。
まず、組むためにフレームにホイールを付けましょう。
100_0038


Rimg2334
ついつい美しかったので、後ろからの写真を撮ってしまいました・・・
もうこの時点で組み立てるのをやめてしまおうかと思うほどの満足感ですwww

クランクを付けてやりました。
今回はwiggleで購入したk-edgeのチェーンキャッチャーを使用しました。
日本で買うと5千円ちょっとします。
しかし、wiggleだと2千円ちょっとと格安です。
Rimg2335

その昔、【kinoさん】がチェーンキャッチャーをフォークから作成していた
のを見て欲しいと思ったことがありました。
kinoさんのD.I.Y精神にはただただ脱帽する限りです。

ブログであからさまに尊敬してすみません(笑)

次に、ブレーキを取り付けていきます。
純正で付いていたブレーキの止めネジを使用します。
カンパの物は短すぎて使用できなかったので、
TIME純正の物を使用しました。
この部品も恐ろしく軽くて驚きましたwww
後ろを取り付け、フロントフォークに取り付けようとした瞬間・・・

私:「うん?これフロントフォークに入らないよ」
カステ:「えっ、本当ですか?」
私:「ほら、あからさまに計があってないよ」
という会話の末に考えたのがこれでした。

100_0039
そうです!!
ゴム槌で打ち込んでやりました(笑)
なんの問題もありませんが、ヘッドセットといいフロントフォークといい
変なところで、精度が低いタイムwww
こういうところが"ツンデレ"な感じで好きです(笑)

ということで、あっという間に仮組が完了しました。


100_0040

以外と近代的なフレームなのに、リーガルがあいました!!
感動です。
ここで、満足してしまい組む気を完全になくしてしまいました(笑)
何日も引っ張って悪いのですが、今日はここまでで終わります。
明日は、完成からインプレ編に移りたいと思います。
では、また

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

TIME RXR ULTEAM組み立て編2

昨日は、ヘッド中心に組み立てましたが、今日は昨日掲載できなかった写真を
追加で紹介したいと思います!!

ヘッドチューブの中の写真です。
100_0029
最初からDURAグリスが入っています。
後、分かり難いですがカーボンがTIME特有の斜めにあんでいます。
萌ますwww

次にシートチューブの中身です。

100_0020

意外と薄ですが、押してへこむようなことはありません。


ちなみに、昨日紹介したヘッドセットのベアリングですが、
詳しい写真をUPしてみました。
100_0032

100_0033
他にタイムを買った方で同じ症状だった方はいられるでしょうか?
これが、他の方も同じだったら面白いですね(笑)

あっ、後TIMEのヘッドセットのベアリングはわざと一個少なくしています。
kinoさんも同じ様にベアリングを一つ抜いていました。
ベアリングを抜くのは合理的なんだと実感しました。
理由はわかりませんが(笑)

産卵が終わった後のベアリングを組み付けています。

100_0035


ちなみに、これがヘッドセット調整中の画像です。
100_0036

棒をさしたヘッドセットはまるで宇宙人です(笑)
それでは、また明日

| | コメント (23) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »