« カンパニョーロRD調整編 | トップページ | 自転車整備編(アウタワイヤーの張り方など) »

2009年12月25日 (金)

ISPとTRANSLINKの違いってなに?

こんばんわ。
TIMEではISPのことをトランスリンクと言います。
これは、ISPの定義となにか違うのでしょうか?
まず、ISPとは、インテグラルシートポストの略で、フレームとシートポストが
一体になったものをいいますね。

では、トランスリンクとはなんでしょうか?
トランスリンク自体もフレームとシートポストが一体になっています。
そこで、ダイナソアがだしたカタログに、トランスリンクの説明があったので
載せてみましょう。

トランスリンクとは、シートチューブをサドルまで伸ばし、シートポストをなくした機構 を指します。一部のタイムのフレームはシートポストの代わりに長く突き出たフレームの 一部がその役割を果たします。では、フレームの一部をシートポストの代わりにすることで どのようなメリットが生まれるのでしょうか?

ここまでが、前書きの引用になります。
ISPと定義が一緒じゃないのか?と思うんですが・・・


ここからは、良い点を紹介します。

「軽量化」
TIME社の優れたカーボン技術により、シートポストより肉薄の素材を使用することに成功しました。
「低重心化」
自転車の上部に位置するサドル付近の重量を減らすことで重心を下げることに成功しました。
「パワーロスの低減」
トランスリンク専用のシートポストを締め付けるクランプバンドは、サドルのすぐ下に位置します。
そのため、フレームとシートポストの挿入部分で発生する「しなり」を解消しました。

三つ目のトランスリンク専用のシートポストというのが、トランスリンクの所以でしょうか?
しかし、どこのメーカーも専用のものを使用しているのは、間違いないわけですし(むしろ専用のものしか使えない)、やはり、ISPとは変わらないですね・・・

どなたか、トランスリンクとISPの違いがわかる人はご意見下さい。
トランスリンクとかを総称してISPっていうのかな?
では、また


|

« カンパニョーロRD調整編 | トップページ | 自転車整備編(アウタワイヤーの張り方など) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1266881/32727713

この記事へのトラックバック一覧です: ISPとTRANSLINKの違いってなに?:

« カンパニョーロRD調整編 | トップページ | 自転車整備編(アウタワイヤーの張り方など) »