« BMC SSXインプレッション | トップページ | rotor Q-ringsにくびったけ »

2010年6月 3日 (木)

レコードスケルトンブレーキオーバーホール

今回は、カンパのスケルトンブレーキをオーバーホールすることにしました。
私の使用しているブレーキの型は2009年製です。

今まで、エルゴ、RDのオーバーホールをマスターしてきましたが、
今回は、遂にブレーキをばらしてみました。

ブレーキをばらして組み立てられるかかなり不安だったのですが、
分解してみると構造の単純さに感動しました!!

さて、それではその工程を見ていきましょう。
Rimg3472
早速分解しました(笑)
分解する過程は写真が撮れず早速分解した写真になってしまいました。

さて、部品をマイクロロンメタルトリートメントで処理をしていきましょう。


Rimg3467
今回はお風呂場でやってみました(笑)


Rimg3469
熱を加えます。


Rimg3470

組み立てには、もちろんマイクロロンルブリガントを使用します。

Rimg3473
カンパのレコード以上のグレードは引きを軽くするために、ベアリングが入っています。

Rimg3476

徐々に組み付けます。

Rimg3478
このベアリングは二カ所に入っています。

そして、完成しました。


Rimg3479
本当は良く汚れる場所なので、もっと耐久性のあるグリスを入れた方が良いのですが、
今回は、マイクロロンルブリガントを使用しました。

さて、来週から私は京都府民になります。
これで、kinoさんといつでも会えそうです(笑)
関西圏の方いつでもお声をかけて下さい。
飛んでいきますので(笑)

それでは、また

注意:分解組み立ては自己責任でお願いします。ブレーキなどは命にかかわるので
    組み立てることができる方だけ分解をして下さい。

|

« BMC SSXインプレッション | トップページ | rotor Q-ringsにくびったけ »

コメント

住まいが京都になるのですか へへ関西人やね(笑)
京都は結構自転車が熱い処で 最近は競技用の自転車屋さんも多く
レンタサイクルも増えていますね

何より京都府自転車競技連盟のスタッフが熱い 熱心に取り組んでいますね
大阪車連と少しタイプは違うが 競技運営の良いお手本だな

以前なら京都近辺は練習コースの一つでしたが 今はとても・・・
是非、又お会いしましょう

投稿: Kino | 2010年6月 4日 (金) 09時13分

>kinoさん
へへw関西人です(笑)
恐らく自転車で観光地を回りますw

京都はそんなに熱い場所なんですね。
京都が練習コースとは凄い・・・

是非お会いしましょう!!

投稿: あけおす会長 | 2010年6月 8日 (火) 03時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1266881/35040151

この記事へのトラックバック一覧です: レコードスケルトンブレーキオーバーホール:

« BMC SSXインプレッション | トップページ | rotor Q-ringsにくびったけ »