« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月28日 (火)

MIYATA カリフォルニアロード レストア日記⑫

こんばんわ!!
昨日の記事で書いた衝撃の事実とは、フロントフォークが曲がっていましたw
シビアに使用するわけではないですが、さすがにフロントフォークが曲がっていては
私も乗れないので、フロントフォークを交換することにしました!!

今回購入したのは、ヤフオクで1500円という格安で売られていたママチャリ用のフォークですw
Rimg3926
メッキの銀が良かったのですが、探してもなかったので、仕方なくマッドブラックにしました。

本当は出来るだけオリジナルの部品を残して置きたかったのですが、叩いてもフロントフォークが
修正出来ないほど歪に曲がっていました。


それでは、取り付けの過程です!
まず、ブレーキを外していきます。
Rimg3927
次にステム。


Rimg3928
そして、ヘッドパーツ!


Rimg3929
ここには、モンキーレンチをまず使用します。


Rimg3930

そして、今回購入したHOZANのC-203を使用してネジをゆるめます。
このC-203は古い自転車を分解する際の必需品です!!
ネジをなめることなくしっかりと分解できるのでオススメの工具です。
Rimg3931
そして、外れました。


Rimg3933

とりあえず、フォークを差し替えてみましょう。

Rimg3934
当然コラムの長さが合わずこんな感じになってしまいましたw


Rimg3935

とりあえず、長さがどの程度違うか見てみましょう。

Rimg3936
測定したところ3㎝長いので、金鋸を使用して切断することに!


Rimg3938
今回使用したのはこの金鋸です。アマゾンで購入しましたw
鉄のコラムを切るのはかなりの重労働ですねw


Rimg3939

バリがあるので、ヤスリで綺麗に削り取ります。
取り付ける前に汚れていたヘッドセットの洗浄も行います。

Rimg3937
写真は洗浄する前のベアリングですね。


Rimg3940
なんとか、無事に装着できました。
そして、今回から利便性を考えハブダイナモのホイールに換装することにしました。
通勤に使用するので、安全で手間がかからない物が一番という理由から交換することに。
今回使用するのはこのホイール。


Rimg3941

Rimg3942
ヤフオクでタイヤ、ライト付きで3500円という破格で売られている物を購入しました。
これだからオークションはやめられませんw

では、組み上げていきますね。


Rimg3943
そして、ライトも装着します!!


Rimg3944

おおー完成しましたねw
まず、購入した時の写真です。

Kadoban3img600x4501281437516lqdp607


Kadoban3img600x4501281437516zq1wag7
こんな感じでした。とてもじゃないけど汚くて乗れる状態ではありませんでした。
で、とりあえず完成した状態の写真です。

Rimg3990


Rimg3993

クランクは異音がするので、FSAのveloというものに換装しています。
ベアリングさえ換えてやれば異音もなくなると思うので、時期を見計らって
初期の物に換装します。
今現在乗っているのですが、乗り心地は凄く良いですね。
鉄ですが、しっかりとしていて、漕ぎ出しは遅い物のスピードに乗れば巡航は
かなり楽です。
今まで、長い間お付き合いありがとうございました。
乗ってみて不満がある部分を徐々に変更しました。そのことは後日記事にします。

しかし、レストアをして気付いたことはkinoさんは神ですね。
乗れる状態に戻すだけでもかなりの労力が必要なのですが、それを塗装までして
新品の状態に戻すなんて、とても自分の技量では無理ですね。
いつか、kinoさんレベルまで技術と知識がつくように精進していきます。
それでは、また!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年9月27日 (月)

MIYATA カリフォルニアロード レストア日記⑪

こんばんわ!!連日頑張って記事を更新しています(笑)

今日はクランクの洗いから行きますね!!
まず今回の自転車に装着されていたクランクはシマノ スーパーペースです。
Rimg3883
あまりの汚さに吐き気をもよおさないで下さいねw
この楕円チェーンリングというより菱形チェーンリングはシマノが最初に考え出した物でしょう。
今ではrotorなどが頑張って楕円チェーンリングの優位性などをアピールしていますが、
昔はあのシマノがアピールしていた訳ですね。結局定着することなく、現在のチェーンリングになって
しまったわけですね。

さて、これも金たわしでこすってやります。

Rimg3895
すると、ドロドロの汚れが落ちて美しい金色のチェーンリングが出てきました!!
純正で金色とは何とも面白いですねw

さて、こいつもフレームに組み付けていきましょう。


Rimg3904

ネジの部分には当然duraグリスをつけます。

Rimg3906
最後にクランクキャップを装着して、取り付け完了ですね。

Rimg3907

次にホイールの洗浄なのですが、洗浄するのに良い場所がなく、なんとお風呂でやってしまいましたw
うちは、ユニットバスなので浴槽につかることもないし、良いかwという考えでやっちゃいましたw

Rimg3913
そこそこホイールも綺麗になりましたw

次にハブの整備ですね。


Rimg3915
ハブはもちろんボールベアリングですね。
中に入っているグリスは汚くて、ドロドロなので綺麗に洗浄します。


Rimg3917
そして、super lubのグリスを注入して玉当たりを出しフレームに装着します。
この過程の写真がないのは一生懸命過ぎて撮れませんでしたw
で、こんな感じです。


Rimg3918

そして、今回使用するタイヤなのですが、700cの企画ではなくママチャリと同じ
27インチのタイヤになるので、ホームセンターで売っていた1本700円程度のタイヤを
装着しますw

Rimg3921
これで完成と思っていたのですが、なんとショッキングなできごとがありました・・・
それは、また後日お知らせします!!
では、また

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年9月26日 (日)

MIYATA カリフォルニアロード レストア日記⑩

こんばんわ!!もうこの記事も⑩回目です!!
全然進んでなくてすみません。
写真を撮りながら整備すると作業が全然進まないんですよね。

でも完成まで頑張ります!!
今日は、変速機の整備からです。
Rimg3863

初期の状態はこのようにドロドロです。
こんなもの使えるのかと思いますwというより整備するのも嫌になりますw

まずは、RDを細かく見ていきましょう。
Rimg3864
シマノのポジトロンというものになりますね。
現在のRD見たいにガイドプレートが繋がっていません。
Rimg3865


Rimg3866


Rimg3868
もう、写真をみているだけでも気分が悪くなりますね・・・
泥と油汚れで汚れまくってます・・・
こんなグロテスクな写真を公開してすみませんw

とりあえず、ディグリーザーで洗いましょう。

Rimg3869
わかりますか?後ろの真っ黒な汚れw洗うのは相当大変でしたw

綺麗になりましたw


Rimg38701

このRDもさぞかし気持ち良いことでしょうw
これから微妙に整備をしてやります!
本当は全部分解して細かくグリスアップするのが良いのでしょうが、
今回は簡単にだけ整備します。

Rimg3872
回転部にはsuper lubのオイルをそしてRDのスプリング部にはグリスを使用します。

Rimg3873

そして、組み付けます。
Rimg3879

どうです?最初に比べたら見られる様になったでしょう?w
自転車に組み付けてやりましょう。

Rimg3880
だんだん形になってきましたね。
次にFDです。
FDは洗剤を使用して綺麗にすることにしました。

Rimg3881

では、洗剤をつけます。

Rimg3882

そして、サビがあるので金たわしでこすってやります。

Rimg3885
するとこんな感じになります。


Rimg3889


Rimg3891


ここまで綺麗になれば実用できるレベルでしょう。
もちろん駆動部にオイルをさしておきました。

記事自体が大分長いですが、最後までお付き合い下さい。
それでは、また

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月25日 (土)

MIYATA カリフォルニアロード レストア日記⑨

こんばんわ!!先日までBBの組付けでしたが、今日からまた
パーツの研磨に戻ります(笑)

今日はブレーキからです。
Rimg3841
このブレーキはDIA COMPEの物になります。
ここまで汚れていては何ともかっこ悪いので綺麗にしてやりましょう!!
ピカールで磨いていきます。
Rimg3842
左が磨いたものです。とても綺麗になりました。
右も同じ様に磨きます!!

磨き終わったので、フレームに装着してみます。
Rimg3843
まずは、前ブレーキです。
何とも渋いブレーキですが、剛性が心配になる作りです。
次に後ろブレーキをつけます。
Rimg3844

装着したのは良いのですが、どうも動きが非常に悪いので、可動部分にオイルを
さしていきましょう。
今回使用するのは、このオイル!


Rimg3845

パッケージはありませんがテフロン系のsuper lubになります。
このオイルは本当に使いやすくオススメ出来る一本ですね。
まず、持っていて損はないでしょう。

では、駆動する部分にさしてやりましょう。
Rimg3846

次にブレーキのワイヤーを取り付けます。
まずは「、インナーワイヤーを通します。

Rimg3848

この手のワイヤーの処理は初めてなので、どういう風にアウターを取り回すべき
だろうと考え、とりあえずこんな感じにしてみました。
Rimg3849
このアウターケーブルの処理が間違っていることに後日気付きガッカリしたことは
内緒にしておいて下さい(笑)

とりあえず現在はここまでレストアが進みました。

Rimg3857

大分形になってきましたね。
ところで、これをレストアと言って良いのかな?
綺麗にお掃除しているだけだし・・・
うーん、もっと色々出来ればと思うのですが、中々難しいですね。

とりあえず、乗れる用になるまで頑張って整備します!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年9月24日 (金)

MIYATA カリフォルニアロード レストア日記⑧

こんばんわ!!連続でブログを更新していきます!!

今日はBBの清掃から行っていきます!!
ディグリーザーを用いてパーツを洗っていきます。
Rimg3822
これは、近くのホームセンターで200円程度で売られている物です。
200円~500円程度のディグリーザーを色々と使用したところ、そんなに洗浄力に差は
見受けられなかったので、安い物を使うのがコスパ良いんじゃないだろうかと、私は考えています。

さて、洗いましょう。


Rimg3823
綺麗になりました。ディグリーザーがしっかりと乾燥してから組み付けて行きます。
乾燥してない間に組み付けるとグリスを溶かしてしまうこともあるので。

乾燥を待っている間にBB周りのサビを洗います。


Rimg3824
今回洗いに用いるのはこれ!

Rimg3825
100鈞で買ったブラシです。

ディグリーザーを用いて洗うとこんなにもサビが出てきました。

Rimg3826

お陰で綺麗になりました。

Rimg3827


では、BBを組み付けて行きます。
今回BBに使用するグリスはテフロン系のsuper lubです。

Rimg3828
主に街乗りなので耐久性の高いグリスにしています。
ベアリングにもたっぷりつけましょう。

Rimg3830
では、順々に組み付けていきます。


Rimg3832


Rimg3833

ネジ部には当然duraグリスです。
Rimg3834
このグリスは主に錆び防止や弛み止めの用途で使用します。


Rimg3835


Rimg3836


Rimg3837

これで、BBの組付けは完了なのですが、リテーナーの調子が悪いようで、回した感じあまり
良い感触ではありません。
時間があれば、予備のベアリングでも買ってみましょうかね。
今日はここまでです。
明日も頑張って更新しますのでよろしくお願いします。

ではまた!!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月23日 (木)

MIYATA カリフォルニアロード レストア日記⑦

前回の更新から大分時間が経ってしまいすみません。

さて今日は、BB周りの整備を行いましょう。
まず、BBを外す工具ですが、300mmまで対応しているモンキーレンチを最大まで広げて外します。
Rimg3805
本当は専用の工具があると思うのですが、今回はこれで代用して外します。
Rimg3806


外したBBです。画像が暗くてすみません。
Rimg3807


BBの中身になります。
予想通り汚れていますね。

Rimg3810_2


Rimg3809
長年使用したグリスは酸化して、本来の性能を失うので、こう言った汚れはしっかりと洗浄する
必要がありますね。

ベアリングになります。
Rimg3813
玉は非常に美しいですね。
しかし、リテーナーの玉を保持する力が弱まっているようで、玉がコロコロと落ちてしまいます。

うーん・・・錆びていますね。
Rimg3815
こういった足回りは水が溜まりやすく。久しぶりに開けてみると錆びているというのは
良くあることです。
足回りの整備が如何に大切かということがわかりますね。

次にスプロケです。
これは六速のボスフリーです。

Rimg3816
スゴイ泥と油の汚れです。
一体どうやったらこんなに汚れるのでしょうか?(笑)
とりあえず、ディグリーザーで洗ってやります。


Rimg3819

ある程度は汚れが落ちましたが、まだまだ汚れが酷いですw
また次回綺麗にしますね!
それでは、また!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月14日 (火)

MIYATA カリフォルニアロード レストア日記⑥

こんばんわ!!
自分で記事を書いていて、これをレストアっと言って良いのか悩むのですが
とりあえず、記事をかかせて頂きます。
お付き合い下さいませ。

さて、今日は色々と磨いて行きます!!
まずはじめにブレーキレバーです。
ブレーキレバーとハンドルです。
Rimg3790

Rimg3795
フードはこんな感じで、今の時代の物のブラケット比べれば断然クッション性はありません。
でも、味があって好きだなー
レバーです。

Rimg3796
今でもダイアコンペはこれと同じ物を作っていますが、クオリティは同じくらいでしょうかね?

さて、ここから液体ピカールで兎に角磨きます!!
もう手間をどれだけかけられるかって話になります(笑)


Rimg3797
向かって右側が磨いた物です。
いくらか、綺麗になりましたが小傷が多すぎあまり綺麗になりません。
そして両方磨き上げた写真です。


Rimg3798
光沢はでましたね。
練りピカールがきたらリトライします(笑)

ハンドルも磨きました。
Rimg3799
うーんピカピカになりました!!
ハンドルはとても作りが良くお気に入りです。
カーブはこんな感じで描いています。


Rimg3793
もちろんクラシカルなシャロータイプですね。
ちなみに私はアナトミックよりもシャローが好きです。

ハンドルとステムを取り付けて今日はここまで!


Rimg3802
どうです!?ぱっと見とても綺麗でしょ?(笑)
整備をしていて思うのは、栄製の部品がとても美しいこと。
MADE IN JAPANのクオリティの素晴らしさに驚かされます。
そういえば、私の後輩の叔父さんがkashimaxというサドルメーカーをされているそうです。
競輪をされていた方にはなじみが深いのではないでしょうか?
MADE IN JAPANのサドル。日本人が日本人のタメに作るサドル。
なんて素晴らしいんでしょうか!
それでは、また!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月11日 (土)

MIYATA カリフォルニアロード レストア日記⑤

こんばんわ!
今日は、ステムをキレイキレイしましょうね。
まず、ステムはこんな状態です。
Rimg3781


Rimg3782
写真がぶれて見難いですね・・・

ひたすら磨いてこんな感じです。
Rimg3784


Rimg3785
もっと綺麗にピカピカさせてやりたいんですけど難しいですね。
ピカールの練りタイプが手には入ったら綺麗にもう一回磨いてみます!

次に、バーエンドです。


Rimg3788
今では見ないバーエンドですね。
ちなみに、ブリジストンのロゴがあります。
昔は、バーテープまで作っていたのでしょうか?
これが、初期で装着されていたバーテープです。

Rimg3789
コットンのバーテープです。
こちらの再利用は無理ですね。

今日は、ほとんどレストアしていませんがここまでにしときますね。
それでは、また

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年9月10日 (金)

MIYATA カリフォルニアロード レストア日記④

今日は、シートポストを磨いていきます!
まず、シートポストの状態はこんな感じです。
Rimg3773


ちょいとくすんでいますね。
kinoさんみたいにアルマイトをはがしてキラキラにしたいところですが、
今回はピカールでひたすら磨きますw
Rimg3774


Rimg3775
うーん、中々綺麗になりましたw
他の部分もお掃除します。

Rimg3778
ピカールで磨いてキレイキレイw

Rimg3779
これにサドルをくっつけてフレームに戻します!

Rimg3780

中々様になってますねw
次の記事ではステム関係を書きますね。
では!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 7日 (火)

MIYATA カリフォルニアロード レストア日記③

昨日に引き続き分解をしましよう!

クランクを外していきます。
Rimg3739
見て下さい!このドロドロなクランクをw
洗いがいがありますねw
ちなみに、スーパーペースという楕円のチェーンリングですw
うーん奇怪な形をしていますねw


Rimg3741


クランク外しで外していきます。
Rimg3743


Rimg3745

片方が外れました。
反対のクランクです。
汚い・・・w

Rimg3746

これでフレームが裸になりました。

Rimg3750
ここで、以前紹介したマイクロファイバークロスと昨日紹介した洗剤で丁寧に水洗いします。

Rimg3751


うーん大分綺麗になりましたw

Rimg3755

Rimg3756


Rimg3757


Rimg3761
さて、明日からはピカールを使ってフレームや部品などを磨いていきます!
では!!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年9月 6日 (月)

MIYATA カリフォルニアロード レストア日記②

すいません!以前の記事から更新をかなりさぼってしまいましたw
さて、今回は解体を中心にしていきます。
ただ、洗浄作業などは一人で写真をとりながら作業をするのはかなりの至難ですw
というわけで大した記事ではもちろんございませんよw

今回使用する洗剤は以前のブログで紹介した田代さんに頂いた洗剤を使用します。
Rimg3714

洗浄作業に入る前に色々とばらしていきます。


Rimg3715
タイヤは全くの役立たずなので外します。


タイヤレバーがなく切るはめに。
Rimg3719
劣化しているとはいえ、ワイヤービートなので最後はワイヤーカッターで切断します。


Rimg3720
ホイールの表面はこんな感じですね。


Rimg3721
意外と綺麗です。

次に、ハンドルを外してみます。


Rimg3733
ダイナモライトも外します。


Rimg3731

これは使い物にならないので、ハブダイナモに換装しましょうかね。

結局色々外してこの状態になりました。
Rimg3738

今日はここまでにしておきます。
洗浄作業に移るまでもう少しですね。
頑張ります!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »