« rotor Q-rings 3d crank s.a.b.b三位一体!! | トップページ | KCNCプーリー13T »

2010年11月26日 (金)

二六製作所最強説(ケイデンスマグネット用)

こんばんわ!!
皆さんは二六制作所という神戸のマグネット制作会社を知っているだろうか?
ここは様々な種類の磁石を通販している素晴らしい会社である。

さて、話は変わりケイデンスマグネットを未だにタイラップでくくりつけている方はいるのであろうか?
ペダルのチタンアクスルを使用している方以外は間違いなくこういう風にケイデンスマグネットを使っていることでしょう。

Rimg5168
これは、ペダルアクスルにマグネットをくっつけている状態なんです!
これで、煩わしいタイラップをやめることができますねw

さて、このマグネットを注文できるのが二六制作所というわけなのですが、なぜ素晴らしいかというと
送料+代引き手数料が無料なんです!!
100円の物を頼んでも無料なんです!!
だから、あんまり安い単価で注文しちゃうとつぶれちゃうかもw

ちなみに私の使用しているマグネットの径はΦ10×2ですがΦ10×3くらいの方が使い安いかも知れません。
Φ10×1も持っているのですが、クリアランスの関係上反応しませんでした。
この磁石はネオジウムといって非常に磁性の高い物ですのでお取り扱いにはご注意を!!
明日には二六制作所に注文が集中していることを夢みながら、今日はここまでにしておきます。
では、また!!

|

« rotor Q-rings 3d crank s.a.b.b三位一体!! | トップページ | KCNCプーリー13T »

コメント

これってペダルの穴にハメてるだけなんですか?
私はまだタイラップで付けているんですが・・・。

投稿: ZENSHOJI.inc | 2010年11月26日 (金) 22時39分

>ゼンショウジさん
どうもです!そうですよ。
ネオジウムの磁性のお陰で、普通に漕いでいても外れることがありません。
是非お試しを!

投稿: あけおす会長 | 2010年11月27日 (土) 00時55分

これねえ・・・

シャフトと鋼球に磁気を帯び 回転抵抗に繋がりませんか?
グリスや玉当りに無頓着な人はどんどんすれば良いと思いますが

回転摩擦を最小にしたく ケミカル品で色々と工夫している人がこれをすると
その努力な何なの?と何時も思ってしまいます

投稿: Kino | 2010年11月27日 (土) 01時53分

kinoさんの磁気のお話、興味深いですね。
私は磁気が専門ですが、これはちょっと電気的なことも出てきそうですね。

磁性を持ったものが、常磁性体(強磁性体でも可)の付近を運動すると、過電流制動を引き起こすことになります。
この制動効果はなかなか大きく、ブレーキとして実用化もされてたはずです。

この効果は距離の逆3条比例ですから、ベアリングが近い場合にはちょっと怖いかも知れませんね。
しかしまぁ・・・踏力に対する制動効果はほとんど期待できないでしょう。それこそクロムベアリングとステンベアリング程度の差かなと思うんですが。

ここらへんは専門から外れるので全くわかりません。大事なのはプラシーボですね。うん。

投稿: kaste | 2010年11月28日 (日) 01時14分

すんません、なんか漢字のミスが酷い。

渦電流制動 逆3乗 が正しいです。疲れてんのかな。

投稿: kaste | 2010年11月28日 (日) 01時16分

kasteさん

へ~ 磁気を専門に勉強されている これはちょっと驚きました

例えば スチールボールを玉受けに納める時 
磁気を持ったドラーバーの先でボールを拾う人もいますが
あれってかなり手応えを感じるでしょ?
あんなのが このペダルの中の全ての鋼球や他の金属間で
起こっていると考えると
鋼球は回転するとしても私はあまりしたくないな

磁気がリニアモーターカーの様にお互い反発する方向に
作用すれば これは摩擦軽減にかなり寄与すると思いますが
ボールが両方の金属に挟まれた状態で 尚且つボールが回転するボールベアリングの構造では
ただ一定の磁気を与えるだけでは難しい発想ですよね

投稿: Kino | 2010年11月28日 (日) 07時27分

kinoさん

磁気と言っても古地磁気ですね。地層を磁気的に解析する仕事です。
おそらく、高校生よりは磁気に関する知識はあるんじゃないかと思います。

ドライバーのお話、確かにそうですね。ネオジムが弱いとは言っても、永久磁石の中では最強ですし・・・
しかし数100Wの出力を持つ人間の脚に対して、しかも100rpm程度の低速回転のクランクに対して、どの程度の効果を持つか。渦電流制動効果はよく吟味しなければいけませんが、それでもある程度は無視できるんじゃないかと思うんですけどね。

これがハブならば問題がありそうですが、人間の出力ラインに必ず関係するこの部分に関しては、私なら無視します。一回実験をしてみると良いかも知れませんね。磁石アリとナシで実走してみて、違いが出れば、それは必ずやめるべきでしょう。

投稿: kaste | 2010年11月29日 (月) 13時20分

>kinoさん
マグネットについてですが、今回は軽量化(極わずか)+外見のスマート差を重視した結果これを使うことにした訳です。
さて、このケイデンスマグネットの方法は昔あったカンパのエルゴブレインというサイコンでも使われています。
カンパが全て正しいという訳ではないのですが、磁石をつけてペダルを回した場合とそうでない場合でも差は感じられません。
よって、私としては無視してもイイくらいのフリクションだと感じています。
当然私自身もペダルを漕いだ際に違和感を感じるようであれば、もう辞めているでしょう。

投稿: あけおす会長 | 2010年11月29日 (月) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1266881/37852226

この記事へのトラックバック一覧です: 二六製作所最強説(ケイデンスマグネット用):

« rotor Q-rings 3d crank s.a.b.b三位一体!! | トップページ | KCNCプーリー13T »